夢のみずうみ村とは

夢のみずうみ村の特徴

5.宅配ビリテーション

宅配ビリテーションとは、利用者さん自身によって宅配された「動作方法」や「製作物等」によって、利用者自身はもとより、家族構成員みんなの暮らしや生きかたが安定し、安心し、豊かになるリハビリテーションをいいます。家庭内で能力回復を重視し、家族の皆さまも巻き込んでサービスを提供します。

製作物のお持ち帰り
製作物のお持ち帰り ● 家で使うものを作って、使う。(木工、陶芸、ガラス製品など)
● 苗を持ち帰り、家で育てる。
● 食べ物をつくってお持ち帰り。(パン、料理など)

普段使いにちょうどよい湯のみが完成です。

苗を持ち帰って、家で育てます。

パンや料理のお土産は、家族の皆さんにも喜ばれています。

ろくろを使って本格的に取り組んでいらっしゃいます。

ガラス細工も人気があるプログラムの一つです。

季節ごとにいろいろなメニューが用意されます。

技術・動作のお持ち帰り

各メニューは、利用者が楽しんで意欲的に取り組むことによって、自然と「脳を活性化」、「手先を鍛える」、「身体を鍛える」、「身体を癒す」などのリハビリにつながる仕掛けがされています。

技術・動作のお持ち帰り ● 新しい技能のお持ち帰り。(片まひ爪切り、パソコンなど)
● 生活の知識のお持ち帰り。(電化製品の使い方など)
● 料理の仕方、レシピのお持ち帰り。
● 自信を獲得し、お持ち帰り。
求人情報

熱いハートを持って人と接することのできる方

フランチャイズ(FC)事業
夢のみずうみ村農園「夢みるいちご」
夢のみずうみ村代表 藤原茂ブログ ゆめ通信 職員ブログ イラストゆめ通信