夢のみずうみ村とは

夢のみずうみ村の特徴

6.村内通貨「YUME(ユーメ)」

夢のみずうみ村では、村内通貨「YUME(ユーメ)」を使っています。各プログラムに参加する時はユーメを支払い、リハビリやカジノ、見学者の案内や内職等でユーメを稼ぐことができます。

村内通貨YUME(ユーメ)。

夢銀行では預金・借り入れもできます。

お手伝いをして、YUME(ユーメ)を稼ぎます。

「YUME(ユーメ)」を手に入れる方法
お祝い金 利用開始時お祝い金として財布・村の住民票(名札)と一緒に一定金額が給付されます。
毎日の生活の中で ・予定を立てる。
・自分でバイタルチェック(血圧測定・検温)をする。
・食器を保管ケースに戻す。
自分のリハビリ ・クイズに答える。
・頭の体操ドリルに挑戦する。
・万歩計を使って歩く。
・爪切りの方法を学び自分で切る。
・タイムトライアル歩行挑戦する。
挑戦する ・今日の運勢で大吉をだす。
・「夢かなえ巡礼」を達成し掲示する。
・「ただいま挑戦中」に自分の目標(なんでもいい)を設定する。
・「ただいま挑戦中」を達成する。
・自分史を作り、公開する。
カジノで稼ぐ ルーレット、オイチョカブ、トランプ、カルタ、ダーツ、輪投げ、射撃、ボーリング、パターゴルフなど各種
リハビリの一環として内職・手伝い ・タオルたたみ
・講演会案内発送
・植物の水やり、草引き
・子どもたちのあそびのお世話  
役場業務のサポート ・水先案内(見学者の案内)
・PTA(利用者さんによる利用者さんのお手伝い)  
「YUME(ユーメ)」が必要なとき

このようなときに、YUME(ユーメ)を使います。

  • 各種教室やリハビリプログラムへの参加
    (料理教室、陶芸教室、プール、あんま、ほぐし など)
  • コーヒー代の支払い
  • フリーマーケットでの買い物
  • 特別メニューのバス代
  • おやつ代

など

「YUME(ユーメ)」を使うことによるリハビリの仕掛け
● お金が必要なことに気付く 注意力、理解力
● 代金いくらを払うかを理解する 理解力、数字・桁の認知力
● 財布からお金を取り出せる つまむ、握る、お金の認知、理解力、認知力
● 所定の箱にお金を入れる(支払う) 場所の認知、手指・上肢の運動能力
● 手持ち金が足りるかどうか心配できる 推測力、予測力、理解力、計算能力
● 足りなければ稼いでためることが出来る 計画性、企画力、行動力、決断力
求人情報

熱いハートを持って人と接することのできる方

フランチャイズ(FC)事業
夢のみずうみ村農園「夢みるいちご」
夢のみずうみ村代表 藤原茂ブログ ゆめ通信 職員ブログ イラストゆめ通信